So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
- | 次の10件

Mirandaを使う #1 [パソコン]

夏樹くらです。

先日、pidginでどうしてもファイル転送がうまくいかず、
Mirandaに乗り換えようと試みたのですが
それなりに使いこなすのに、昨晩から丸一日かかりました;;

問題は、公式のプラグインのサーバーが落ちていること、新しい情報が載った日本語サイトが少ないこと等々。

2chを読み漁って、なんとか安定させるにいたりました。
こういうときは巨大掲示板群の情報集合体としての素晴らしさを感じます。


これがMirandaの画面。MSN、Yahoo、IRCに同時接続しています。
カスタマイズ後なので初期画面とは異なります。

初期画面はこんな感じ。


驚いたのはファイル転送。
Regnessemでもpidginでも低速だったり中断されたりだったのが
Mirandaではとても高速に行われます。
また、再生中の曲名表示、にも対応しています。
この設定にはひと手間あったので、後日書こうと思います。

操作もカスタマイズして自分好みに設定でき、ソフト自体の動作もかなり軽いです。

まずhttp://files.miranda-im.org/builds/miranda-im-v0.7-pr6-unicode.zipから
本体(ベータ版ですが)のダウンロードを。

次にhttp://miranda.osakana.net/ここを参考に日本語化を。
Langpack(日本語ファイル)は、C:\Program Files\Miranda IM\に入れます。

日本語化されたシンプルな画面が表示したら、起動成功。

プラグインを入れて使いやすくしていきたいところですが、サーバーがダウンしています。
次項、ミラーサーバーからプラグインを探して落とす、に続きます。


コメント(0) 

pidginを使う [パソコン]

夏樹くらです。

今日は朝から友人と楽器屋とPCショップへ。
午後からは喫茶店へPCのサポートへ。
ADSLつなぐ設定とウィルスバスターの登録とワンセグチューナーの設定。
概ね設定は完了したのですが、なにかうまくいってないらしく動作が重い。
後日出直すことに。消化不良すぎる。

ところで、先日pidginなるものをインストールしました。
私はIRCとWindows Live Messenger(MSN)とYahoo!Messengerを
使っているため、3種類ソフトを開くのはなんとなく面倒です。

そこで、pidginを使うと、いろんな種類のアカウントにひとつのソフトでログインできます。
さっそくインストールしてみることに。

①ダウンロードする
http://garakuta.homelinux.org/%7Enosuke/tsubo/pukiwiki.php?Windows%2Fgaim%A4%F2%A5%D3%A5%EB%A5%C9%A4%B7%A4%C6%A4%DF%A4%EB
Windows/gaimをビルドしてみる より、pidginの日本語化パッチ済み(ビルド済み)をC:¥へダウンロードします。

コマンドで実行
スタートボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」を開き、
c:¥pidgin-2.1.1-yaz0.exe /L=1041
と入力し、OKボタンをクリックします。

③インストール
インストーラーにしたがって作業を進めます

④アカウントの設定方法
アカウントを追加します。これはチャット用のアドレスをpidginに登録することです。
MSNを例に説明します。プロトコルはMSN、を選びます。
スクリーンネームは****@hotmail.co.jpなどのアドレスを入力します。
別名はハンドルネームなどを入力します。これは名前として相手に表示されます。
パスワードを保存する設定やアイコンの設定など、好みに応じてチェックをいれ、
「保存」ボタンを押します。

これで接続される・・・はず!

IRCの場合は、スクリーン名は任意のハンドルネーム、サーバー名を入力し、
拡張タブのユーザー名と氏名を入力します。
ちなみにIRCを使う場合(文字化けする場合)は、「エンコーディング」の欄をISO-2022-JP-2に変えるとよいかもしれません。(
Windows/gaimをビルドしてみる より。)
chを追加するときは、メニューバーから「仲間」→「チャットの追加」でできます。
アカウント欄はIRCのものを選び、チャンネル欄に[#くらじお]などのch名を入れます。

感想
動作も軽く、無駄のない画面デザインでよい印象です。
会話ツールとしての実用性に問題ありませんが、うちのPCでは
どうしてもMSNアカウントでのファイル転送が送受信ともにうまくいきませんでした。
これさえ解決されれば完璧なのですが・・・。

追記
Miranda IMのほうが使い勝手がよさそうです。
詳細は後日。


コメント(0) 

電源交換 [パソコン]

先日PCの電源ユニットを交換しました。

交換前のPCの動作は、
①突然PCの電源が落ちることがある
②3Dなどでゲーム中に、時々砂嵐が発生する(再起動すれば症状は治まる)
③BIOS上でハードウェアモニターを起動すると3.3Vの電圧変動が激しく、2.8V-2.98でしか供給されていない。
④電源ユニットが極端に熱い

300Wの正常な電源を用い、最小限の構成でテストしたところ、
正常動作し、3.3V供給も3.31~3.34で安定することから、電源の老朽化という結論に至りました。

最寄のPCショップでは価格が高かったり、値段のわりにあまり質のよいものがなかったため
kakaku.comでCORE POWER CoRE-500-2006aut を購入。
とても静かで安定動作しています。

交換の手順としては
パソコン背面上部にある電源ユニットのスイッチを切り、コンセントを抜く
②パソコンを寝かせて開ける
③パソコン内部の電源関係のコネクタをすべて外す
 (たいてい、マザーボードに2ヶ所、ビデオカード、各ドライブにそれぞれ刺さっています)
④パソコン背面上部のネジ4本を外し、電源ユニットを外す
⑤新しい電源ユニットをセットし、ネジ4本で締める
⑥先ほど外した場所と同じ場所にコネクタをすべて差し込む
 (自信がない場合、万全を期す場合は、ドライブのコネクタは正常動作確認後につなぐ)
⑦電源ユニットにコンセント用のコードを差し込み、コンセントを挿し、電源ユニットのスイッチを入れる
⑧電源を入れてみる

接続口の形は6種類前後で決まってるので、
今どこに何が刺さっているのかを、交換する前に写真でとるかメモして、
交換後、同じように刺せば大丈夫です。
ほとんどが、刺さるようにしか刺さらないようにできています。

気をつけることといえば、
フロッピー用の電源コネクタをずれて刺してないか、
余った端子の金属部分が変な場所に触れていないか、
コードがファンに引っかかってないか確認するくらいです。

どのコネクタを外すのか、どんなコネクタが電源にコネクタなのかは
下に示す写真で確認してみてください。

電源ユニットはこんな形をしています。
最近は左側のようなファンの大きなものが多いです。


これはマザーボードにつなぐコネクタ。写真は20pin。
24pin、20pinのものがあります。マザーボードによって違いますが、両対応のものや
変換ケーブルも売っています。(今回の電源は両対応でした)


これもマザーボードにつなぎます。
4pinのもので、CPU付近にコネクタがある場合が多いかと思います。


ハードディスクやCD用の4pinコネクタ。ドライブの背面につなぎます。
SATAの場合はこちらは使用しません。
台形になっており、挿す方向を間違える心配はないでしょう。


SATA用の電源コネクタ。
HDDがSATA規格の場合に使います。
L字になっているので挿す方向を間違える心配はないと思いますが、緩いです。


FDDなどに使う4pinのコネクタ。これはズレて挿してしまいやすいので
よく見て挿したほうがいいようです。


ビデオカードに使う6pinコネクタのようです。
不要なビデオカードもあり、私は使っていません。

**ここのサイトのほうが、写真も多くてわかりやすそう


コメント(2) 

パソコン改造中 [パソコン]

夏だ!

海だ!

・・・といいたいけど、どうやら家でパソコンいじくってる夏樹くらです。


相変わらず部屋片付いてないのでベッドの上が作業場に。
ありえないですね。はい。

構成は、友人にあげた(貸した?)MSIの478マザー、P4MAM-V。
これがうちに戻ってきたので使うことにします。
今となっては旧規格となったAGPのマザー。
しかしAGPのグラボ余ってないので、PCIのGeforce FX 5700LEを載っける。
PCI-Eじゃないとですよ。PCIですよ。

HDDにノート用2.5inchの30GBを採用し、
DVDマルチドライブはLGの余っているのを適当に搭載。
CPUクーラーの回転数も12V→7V化。
Cel1.7GHzなのでこれで十分かなーという妄想。

いまいち何に使うマシンなのか分かりませんが
懐かしいパーツの寄せ集めでマシン1台組むのは楽しいものです。

ちなみに、グラボは笊化、電源ファンも静音の物に変えたので
PS2よりもエアコンよりも静かです。


コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

サウンドカードご臨終 [パソコン]

長年使ってきたSoundBlaster Live5.1(サウンドカード)が
へたってきました。

症状としては、こんな感じ。
①マイク等つなぐと接触不良を起こしてPCが再起動する
②マイクからの音がとても小さい

その場しのぎとしてオンボード(最初から内蔵されてる)を使っていましたが
①音が薄い(これは仕方ない)
②録音すると途中からAMラジオのようなもこもこした音になる

というなんとも情けない状況に。

そこで運よくやってくる誕生日
というわけで私はSE-200PCIに出会うわけです。

http://onkyo.jp/wavio/se_200pci/index.htm


左がSoundBlaster、右が今回買ったSE-200PCI。
見た目からしてすでに使われてるパーツの格が違う感じです。
オーディオやメカに詳しくはないのでよくわかりませぬ;;)

一度、Onkyoのサウンドボードを使ってみたいという
ただそれだけの理由でこのパーツを選んだため、
音の違いなんてわからなかったらどうしようかと思いましたが・・・

これはすごいです。
音の厚みというか、広がりが全然違うんです。
このスピーカー、こんないい音が出たのね、という感じ。
音楽が聞きたくなります。

・・・しかしこのボード、割と発熱するのですね;;
今使ってるスリムケース、排熱対策ちょっときついかな。

どうしようかなぁと悩みつつ、楽しい改造計画。


コメント(1) 
- | 次の10件 パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。